カートをみる マイページへログイン お問い合せ サイトマップ
RSS

印材と印影の選び方

柘(アカネ)
印鑑はんこ

近年の森林資源の不足で安定供給が難しくなってきたため、一般的な「柘」とよく似た木質をもった輸入印材料がアカネ(シャム柘)です。
原産国は、タイやラオス、ベトナムなど東南アジア圏となり、原産地の厳しい資源管理法のもと、現地の産業育成にも貢献しています。今は薩摩本柘とともに、木製印鑑材料の主流となりつつあります。当店のアカネはツヤが美しいニス付きを使用しています。

薩摩本柘
印鑑はんこ

木製の印材としては古くから使われており広く愛用されています。特に国産の薩摩本柘(さつまほんつげ)は、植物系の印材としてはもっとも繊維が緻密で、硬度も粘りもあって篆刻に適した印鑑材料となります。捺印をした後、朱肉を綺麗にふき取るなど、平常の取り扱いに注意すれは長くお使えいただけます。

黒水牛
印鑑はんこ

東南アジアの水牛の角を加工した印鑑材料です。
はんこ以外にも様々なものとして利用されています。
牛の角は皮膚の一部であり、主成分はたんぱく質です。
また、乾燥しやすくとてもデリケートな印材なので保存にはご注意下さい。

天然黒水牛
印鑑はんこ

各種印鑑に最も多く使われているポピュラーな、水牛の角を加工した材料です。良質のものは角の先端にあたる芯の通った中心の部分で、ここから取った印材を芯持(しんもち)といいます。当店では、ひび割れの少ない、また染料を一切使用していない、この芯持ちという天然の良質な部分(極上品)だけを使用しております。

オランダ水牛
印鑑はんこ

水牛の角を加工した印鑑材料の中でも、特に優れた材料です。ベージュ色の上品な色艶が好まれています。オランダ水牛色並・色中は、2つとない自然な茶色の色模様が入っています。全て角の中心を利用した芯持ちです。

白オランダ水牛
印鑑はんこ

水牛の角を加工した印鑑材料の中でも、特に優れた材料です。ベージュ色の上品な色艶が好まれています。その中から、より白飴色で黒い斑模様が一切入らない、選りすぐりのオランダ水牛をお選びいたしました。

象牙
印鑑はんこ

当店では環境省・経済産業省認証の本象牙を使用しております。非常に緻密な組織と、適度な堅さからくる重量感は、誠に心地よい重量感を感じさせてくれます。耐久性に優れ、押印性、印影の美しさと共に、お使いいただくほど、風格をツヤを増す、最も優れた印鑑材料です。実印や銀行印などの、ご登録いただく印鑑としてお勧めしております。そんな本象牙の中でも、特にキメが細かく、中央部分により近い、最高級の本象牙を使用した商品です。


篆 書 体
(てんしょたい)

書体の中でも最も古いのがこの篆書体。約2300年前に中国を統一した秦の始皇帝の命により、それまでにつくられた多くの漢字を整理してまとめられたのがこの書体です。
パスポートの「日本国・旅券」やお札の「総裁の印」の文字に使われています。

印 相 体
(いんそうたい)

印相体は彫刻時の字入れが他の書体と違い、末広がりに配置されます。また枠に接している部分が多いので枠の補強になるというメリットもあります。

古 印 体
(こいんたい)

古印体はよみやすく文字がどっしりと肉太で枠に対して大きく構成されていて日本独特の書体です。

ご案内

ページトップへ